シャネルスーパーコピーJ12シリーズはどうでしょうか?

2000年に誕生したJ12シリーズは、今年で19年目を迎えました。最初新しいもから今日に至るまで、それは指を動かすようなもですが、数える裏には年輪積み重ねがある、象徴的なシリーズとなっています。

J12名前は帆船に由来しており、プロフェッショナルな分野でエレガンス、精密さ、勇気を表しています。シャネルスーパーコピー時計アイデアもここから来ており、こスポーツウォッチシリーズをJ12と名付けました。
2000年、J12最初作品(ブラック)は、原材料基調を示し、ハイテクファインセラミックスも今日J12高い評価に貢献しました。2003年にはトップ白J12が登場し、黒と白が現在J122つメインカラーとなっています。

これはシャネルJ12クラシックモデルでもある。そ後、2004年にはクロノグラフが登場するなど、より多く技術が投入され、男性的な雰囲気を醸し出しています。

J12誕生10周年2010年には、オルビフライバックウォッチが業界に激震をもたらしました。こ時計当初意図は、シャネルが完全なラウンド型高級コピー時計を企画することでした。最終的な解決策は、リューズ位置を変えて文字盤上に置くことでした。

そこで問題になったが、針がリューズを通せない場合はどうすればいいかということ。シャネルはここでフライバック技術を使いました。指針がリューズ(10分位置)にぶつかると、すぐに反時計回りに動き、10分かけてリューズもう一つ場所(20分位置)に行くです。中央10分については、文字盤下にある拡大された窓に詳細な瞬間が表示されます。こ時計は、業界における革新的なもであり、企画美学という課題をクリアしています。こ段階で、シャネルはJ12専門時計蓄積を徐々に完成させ、ムーンフェイズやGMTなど雑多な機能シリーズ全体に徐々に参加し、シャネル専門時計強さを証明したと言えるでしょう。